観光地のガイドで英語の勉強

外国語を学ぶための一番の秘訣は、実践で外国語を使い慣れるということです。語学は、実際に使ってこそ能力を伸ばす事ができます。しかし日本では、英語を使う機会が極端に少ないという問題があります。日本語を使う事が一般的であり、外国語を使う機会がほとんどありません。そのため、語学力を伸ばす事ができるチャンスが限られています。海外留学で外国語の勉強を集中的に行うというのも方法ではあるものの、留学費用がかかるという問題は解消が難しいでしょう。そこで、働きながら、かつ英語の勉強もできる方法があれば、これらの各種問題は一挙に解決させる事ができるでしょう。日本で外国人と話す機会が多い場所としてあるのが、国際的な観光地です。外国人が多く訪れる傾向が大きい観光地では、ネイティブの外国人と話すチャンスが見つけられます。さらに観光地で外国人のガイドを行うアルバイトを選ぶと、働いてお金を得ながら外国語の勉強も同時に行うことができるというメリットが得られますね。まだガイドとして仕事を始めた頃は、覚えたての外国語は未熟で、コミュニケーションにも苦労するかもしれません。しかし、実戦的な会話の経験を積み、外国人向けに観光案内のアルバイトをこなしているうちに、スムーズな会話もこなせて仕事での評価も高くなります。外国に留学しなくとも、外国人が日本へと多くやってくるスポットでの仕事を選べば、日本の中で語学力を伸ばしながら働くことは十分に可能ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です